人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

妄想の看板?

頭の中でいろんなイメージがくっついて
勝手に作りあげたものを
本当だと信じ込んでしまうことがよくあります。

新宿駅に着くと必ず行くある喫茶店。
ここに寄ってお茶してから目的地に動き出します。
喫茶店の名前も知りませんが
場所は、花屋さんとBODYSHOPの近く。
いつも
そんな記憶だけをたよりに
その喫茶店にたどり着きます。

柴又Tripの時にも
そこに寄った。
用を足しに行っている友人を待つ間
『BODYSHOPのところで待ってるね』と
BODYSHOPの看板をよく見ると
『Odakyu Shop』?
駅の売店だった。

d0179679_1256593.jpg


この看板をずっと『BODY SHOP』だと信じていた。(笑)
緑のカラーとSHOPのロゴ。
そのイメージだけで
信じていた。
by morisyo2010 | 2011-06-30 13:02 | Comments(0)

Short Trip 柴又

『フーテンの寅さん』のいた町、柴又。
昭和時代に tripして来ました。

d0179679_11212374.jpg

今回の旅は、柴又を散策して
森小の大事な任務があって横浜にも
行かなければなかったので
夕方までには横浜に行くという予定でした。

友人と行く旅はいつも
みちくさが多い。
まぁそれがふたりの楽しい旅の醍醐味なのですが・・

朝早く出たのにもかかわらず
やっと柴又にたついたのが2時近くでした。

d0179679_1120449.jpg


駅に降りると
寅さんがお出迎えしてくれました。

d0179679_1120261.jpg

d0179679_11204440.jpg


足をさすりお願いすると
願いが叶うとあったので
寅さんの足をすりすり。

d0179679_11314750.jpg

d0179679_1132538.jpg


柴又帝釈天までの短い参道を歩き
途中
『寅さんと言えば、草だんごだよね』
早速
とらやさんで休憩。

そして
柴又帝釈天へ

d0179679_11355913.jpg

d0179679_1141324.jpg


一通り参拝して
彫刻と庭が有名だと
おみやげ屋さんが教えてくれたので
行ってみる事にした。

回廊を歩いて庭を一回り見れるようになっていて
続いて彫刻を見れるコースになっていました。

回廊を進むと
長い畳敷きの廊下がまっすぐ延びていて

d0179679_1221334.jpg


その先に
庭を見渡せる部屋があり
そこには、
無料の冷たいお茶まで用意されていて
『ここ、いいんじゃない!』と
お茶を飲みながら庭を楽しんだ。

d0179679_1251694.jpg

d0179679_1252972.jpg


そして、
その場所が気に入り
すっかり根が生えてしまい
動けなくなってしまった。
どこか遠くに来てしまったような錯覚。
心地よい風。

その時、突然
『もう閉館ですけど。』と女の人の声。
『え~~っ!』と驚き
どのくらいここに居たんだろう?
まだ、庭も見終わっていない!
慌てて出口まで走ったら
チケット売り場の女性がすでに外で待っていた。

彫刻はほとんど見られなかった。
時間を見ると
4時半頃だった。

私達なりに柴又を楽しんだ。
もう、横浜に行かねば・・・
そして、
寅さんに別れを告げ
柴又の旅は終わった。
by morisyo2010 | 2011-06-29 13:02 | 昭和レトロ | Comments(0)

通行止め!

前にも書いたことがありますが
地元の方はあまり通らないと言ってましたが
米倉山を抜ける道が大好きです。

夏の入道雲が湧き上がり
その中にダイビングするような感覚。
さえぎる物もない両側の緑。
ブラボーな景色。

d0179679_0123766.jpg


何とも言えない気持ちのいい道です。

これからの時期
BUDDYくんとのお散歩コースに決め
一緒に入道雲にダイビングしようと
楽しみにしていたのに・・・

ショッキングな看板を発見してしまいました!(涙)

d0179679_073067.jpg


この道はソーラーパネルの工事中なのです。
7月から3ヶ月通行止めと書いてありました。
どこからどこまでなのか詳細は不明ですが
いずれにしても
私にとっては悲しいお知らせです。
3ヶ月後には
風景も変わって
道の両サイドがパネルでピカピカ光って
まぶしい道になってるかも?(泣)

私は今のままのこの道が好きです。
by morisyo2010 | 2011-06-28 00:20 | Comments(0)

地元の恒例行事

この時期、地元の行事に
例の蛍の川の上流のお掃除があると聞いて
それは、来年の蛍ビームためにもちろん行かねばと
参加してきました。

川のお掃除は男性達がやって
女性達は、お掃除が終わった後のバーベキューの支度と
役割が決まっているみたいでした。

森小の前のおとなりさんの駐車場がバーベキューの会場。
もう何年も続けているようで
ビールのケースでテーブルとイスが置かれていて
取れたての新鮮な野菜が並び、
その場で火をおこして
それらをジュージュー焼いて
みなさん手馴れた感じでした。
バーベキューのお味も
『まいう~』でした。

d0179679_15444163.jpg
d0179679_15445213.jpg


蛍ビームが観賞できるのも
こんな毎年の恒例行事があるからかもしれません。
地元のみなさんに感謝。
by morisyo2010 | 2011-06-27 15:46 | Comments(0)

祝!めだかの赤ちゃん誕生

6月のはじめに2代目のめだかを飼い出しました。
最近の暑さで瓶の中の水も温とくなっていたので
瓶に水を足しながら
氷でも入れてあげようかなと思って
良く見ると
チビの魚が2~3匹ちょろちょろ泳いでいて
これはもしかして・・
いや絶対に間違いない
めだかの赤ちゃんだ!
なんておめでたいことでしょう!!

3㎜くらいの大きさです。
d0179679_16464277.jpg


お母さんと一緒に
d0179679_1647319.jpg


去年は何もなかった瓶の中。
今年は、睡蓮が初めて咲いたり
めだかの赤ちゃんが生まれたり
瓶の中でハッピーな出来事が続いている!!
by morisyo2010 | 2011-06-26 16:53 | my favorite | Comments(0)

愛のかたち

森小の小道でこんな葉っぱを見つけました。

d0179679_1157017.jpg


小道に敷き詰めてある白い小石の隙間から
伸びていた葉っぱだったので
無意識に抜いてしまった。

ふと
葉っぱを握った手を開いたら
ハートのかたち。
握り締めたハート。
なんかキュンとなりました。

みなさまに
小さな愛をおすそ分けです。
by morisyo2010 | 2011-06-25 12:24 | my favorite | Comments(0)

ガーデナーの醍醐味?

植物を育てるには
それなりに勇気がいる。
苦手な虫くん達を克服しなければならないからだ。

新しく芽が伸びてくると
必ず狙われる。
虫くん達もなかなかのグルメらしく
憎らしいほど美味しいところを知っている。

でも、
たまに上手に丸く葉っぱが
くり抜かれているものを見つけたりすると
『食べ方がアートしてるじゃん!』と
ほんの少しだけ
許せる余裕も出てきた。

d0179679_11235623.jpg


虫の大群にクラクラし
泣きそうになりながら
毎日、格闘の日々を送っている。

そして、
虫くん達を克服してこそ
真のガーデナーなのだ。
by morisyo2010 | 2011-06-24 11:29 | Comments(0)

峰爺ギャラリー その26

久しぶりに峰爺ものです。

d0179679_21351964.jpg


この厚手の木の丸い板。
いろんな大きさがあって
何に使っていたのかは不明ですが
この大きさは、ポットを置くのに
ちょうどいい大きさなんです。
峰爺も鍋敷き用に使っていたんでしょうかね?

サンドかけがしっかりしてあって
やさしい木のぬくもりです。
峰爺の作る丸型が好きです。

やるなぁ峰爺!!
by morisyo2010 | 2011-06-23 21:43 | 峰爺ギャラリー | Comments(0)

パンダスタンプ

パンダのスタンプにもいろんなものがありますが
実写のパンクンのスタンプには、グッときました。

リアルパンクン
このスタンプの顔を見ただけでは
そんなに魅かれませんが
スタンプを押してみると
見た目以上にかわいい!!

d0179679_20261482.jpg


パンクンポストカードの出来上がり!
by morisyo2010 | 2011-06-22 20:28 | パンダ | Comments(0)

蛍道

d0179679_14185513.jpg
先日、見に行った森小の近所の蛍。
桃畑を横切って雑木林のところに
小道が続いていて
そこを歩いて見に行ったのですが
その小道がなかなかノスタルジックな風景なんです。
早速
散歩に行って来ました。
私はこの素敵な道を『蛍道』と勝手に名づけました。
d0179679_1416347.jpg
d0179679_1416171.jpg
d0179679_14163610.jpg
d0179679_1417247.jpg


前によく
小学校が終わると
仲良く男の子と女の子が肩を組んで
大きな声で無邪気に笑いながら
桃畑の所を歩いて雑木林の方へ
消えていくうしろ姿に遭遇し
それが何とも微笑ましく
『どこに続いているのかな?』って
思っていた道が蛍道に続いていたのです。

学校からの帰り道にこんな風景を見ながら
帰ってたんだと思うと
とてもうらやましくなりました。

できることなら
小学生に戻って歩いてみたい。

d0179679_14463061.jpg

by morisyo2010 | 2011-06-21 14:54 | my favorite | Comments(0)

山梨県甲府市右左口(中道)にある小さなお店・森小の日々を綴っています。


by morisyo2010
画像一覧
更新通知を受け取る